あなたに伝えたいドリームフーズの魅力|キャリア社員

catop_03

df_1127_06

あなたのお仕事についてお聞かせください

入社当時

アルバイト経験を経てドリームフーズへ

私がちゃんぽん亭でアルバイトを始めたのは、16歳の頃。進学を機に一度辞めた後、社員として2005年に入社しました。

丁度、ちゃんぽん亭が県外進出した時期でもあり、ただ純粋に「ちゃんぽん亭を全国に広めたい」と思った当時の気持ちを、10年経った今でも変わらず抱いています。

そのことを凄いと言ってくださる方もいますが、自分の中ではただ同じ想いを持ち続けているだけのこと。その目標はまだ達成できていませんし、達成したとしてもその気持ちが終わるわけではありません。今はただ、近江ちゃんぽんをもっと広めたい。

その思いを胸に行動しています。

今の仕事

数々の仕事を経験し、環境変化の柔軟に対応する。

df_1127_17今の役職は副部長ですが、ひとつ前、ディレクターの頃は、マネージャーやアシスタントマネージャーと話をする機会も多く、今以上に色々な要望や相談を受けていました。

例えば「報酬を見なおして欲しい」という声に対して、今の制度のままで給料を上げるにはどうすればいいか。

環境の変化が大きい転勤に対して、どうすれば費用負担を減らすことができるのか。

様々な要望に対して、向き合い、考える。そのような仕事を行っています。

お仕事ハッピー

求人の応募や新しい仲間が増えた時。

ES向上につながる事ややりがいを持てる制度等を企画・提案・実行できる事。店舗の拡大と会社の成長が大きなやりがいと感じる。

様々な仕事やイノベーションを起こす楽しさ 従業員の満足につながり、やりがいをもって取り組む。

今の制度を守りながらも、新しいことを取り入れる革新派。我々はそう意識しながら活動していますが、実は私自身は結構なマニュアル人間だと言われていて。特に人事部に所属していた頃は、決められたルールを守ることが大事、という考えを持っていました。例えば、就業規則は守るべきものであり、その中で仕事をすることが当たり前、と。

でも、実はそれだけではなかったんですね。きっかけのひとつは、制度を良くするために自ら発信したこと。社長も会社を良くしようと思ってくださっていますから、じゃあ変えようかということになりました。提案をして、会社の決まりが変える事ができた。一筋縄ではいかないこともたくさんありましたが、その変化にひとつのやりがいを感じました。

我々は発展途上の企業です。

だから、もっともっと良くするためには、考えていかなければいけないことがたくさんある。勿論、守るべき点や変えてはいけないこともありますが、それを踏まえた上で、今より良くするためには何ができるのか、常日頃から意図的に行動することが自分の役割だと感じています。提案するためにもやはり工夫は必要です。

それが、与えられた自分のポジションであるならば、今後も精一杯取り組んでいくのみです。

df_1127_22

 

ほめてやりたかったこと

乗り越えられない壁はない。

df_1127_31その時は大変だったかもしれませんが、どんなことも思い出すと良い思い出しかありません。

一日一日を大切にし、やる事をしっかり見えるかして一つ一つ前に進みました。

同じことを繰り返すだけではなく、新しいことに常にチャレンジしたので失敗も多かったと思います。 今では自分がやれることが増えたなと感じるときが成長したと実感します。

 

 

「また教える、育てることができるという喜び。」

色々な人とのつながりを大切にしていれば、辛くても乗り越えることができるということを実感しています。自分がこのままでは駄目だとか、自分がもっと成長したいと感じたときは、横や縦の繋がりが大事です。辛かった時期等、振り返るとたくさんの方に支えられました。また、当時はプレッシャーもありましたが、その中でも良い出来事がたくさんありました。

それは人が成長した時。ドリームフーズカレッジやGAなど学び成長する仕組みを作った結果お客様が喜んでくれる。この連鎖だと実感します。

試行錯誤の繰り返しが自分を成長させる

人の気持ちは、複雑です。人事に携わるようになり、そのことを本当に痛感しています。「会社で決まっているから、これをやってくれ」では皆は伝わりません。そのときに話す言葉が、とても大事。誠意を持って重要感を与える。強い欲求を起こさせる。日々、試行錯誤の繰り返しです。

傷つけることも有りましたが、二度と起こさせないためにもっと会社を良くしていくために前に進んで行きたい、ただその思いが私を突き動かしています。

あなたの夢

ちゃんぽん亭総本家に足を踏み入れて、

「近江ちゃんぽんを全国に知ってもらいたい」

という思いが変わったことはありません。

df_1127_36

私は、アルバイト時代含め、色々な目線から会社を見てきましたから、今のやり方で本当に良いのかどうか、自然と考えることが出来るのだと思います。

理想はあれど、課題はまだまだたくさんあります。ただ、いきなり大きく物事を変化させることは出来ませんが、例え少しずつの変化だとしても、実感があれば、会社の成長にも繋がります。

以前より、働きやすい環境に変わっていきました。私の中ではとても大きなことですが、これも私が自分1人の力で変えたわけではありません。変えるための気付きをくれたのは、働いている仲間たちです。私だけでは決して気付かないことがたくさんありますし、その制度にあてはまる仲間がどう思っているのか、仲間の立場に立って物事を考えること、それが良い変化の源になっているはずです。

また、我々はドリームフーズという企業として、今の現状に満足しているわけではありません。今、700人、仲間がいて、現時点でも満足だけど更に満足したいと感じている人もきっといるでしょう。今の制度が当たり前というわけではなく、今の制度を更にブラッシュアップしていくためにはどうすればいいのか。

みんなが喜ぶためには、みんなが行動する必要がある。

だからこそ会社は成長し続ける、私はそう考えています。

エントリーボタンfi